外壁塗装をする前に要チェック│住宅REMAKE塗料でお化粧

作業する人

塗料で変わる塗装

塗料によって耐用年数は違う

作業する人

外壁塗装は利用する塗料によってその後の耐用年数が異なります。同じ三重内でも塗装業者によって取り扱っている塗料が異なるので、事前に確認しておくことが大切です。外壁塗装に利用する塗料は大きく分けると4種類と言われており、フッ素塗料とシリコン塗料、ウレタン塗料とアクリル塗料の4種類になります。塗装する外壁の種類に応じて最適な塗料を選びますが、実際に塗装をするときには、外壁だけを塗装するのではなく、木部や鉄部の塗装も行なうので、それらを踏まえた塗料を選ぶ必要があります。基本的に最も耐用年数が長いと言われているのがフッ素塗装で、15年から20年の耐用年数があります。外壁塗装の場合、最も早く劣化するのは木部や鉄部の部分なので、外壁に比べると少し耐用年数が下がります。

住宅の悩みを改善する塗料を選ぶ

三重で外壁塗装をするときには、その塗装によって住宅の悩みが改善できるか考えた上で塗料を選ぶ必要があります。等にヒビや汚れがある場合は硬化剤などの別の機能を持つ塗料を混ぜあわせてから塗装をすることが大切です。塗料選びで失敗しない為にも、住宅の悩み改善を第一に考えて施工をしてくれる業者を選ぶのが良いでしょう。多くの塗料を有している業者であれば、ヒビに対して効果を期待できる塗料や汚れを集中的に改善してくれる塗料も揃えていることが多いので、チェックしておくことが大切です。素人が住宅を見てもわからない部分でも、業者に依頼して見てもらうことによって今度劣化が進みやすい部分や、すでに危険な状態の外壁などが分かるので事前調査をプロに依頼することの重要性は高いです。